リメイクした着物の価値や買取価格は?

着物買取で幸せになった話
着物買取で幸せになった話

着物は着なくなった際に、処分や買取を依頼する人も多くいますが、着物をリメイクして再利用する方も意外と多くいます。着物はばらせば生地自体は良質なものが多いですし、着物が普段着として着用されていた昔においても、若い間は振袖を着用しており、結婚した後は今まで来ていた振袖を留袖としてリメイクをして着用していたとされます。ちなみに、留袖という名称の由来もここからきています。振袖の袖を調整し脇の部分を留めるというところから留袖なのです。このように留袖は大人になった女性が着用するものという観点から、今でも訪問着とは異なり大人の女性が着る着物として定着しており、紋の数によって最も高い格を持つ着物として親しまれています。では、現在においてリメイクされた着物の買取価格ですが、ほとんど期待はできません。特に素人がリメイクした着物の場合、仮に元が人間国宝による作品の着物で10万円で買取してもらえた着物だとしても買取を断られるほど価値は失うでしょう。